触育のこころ ぴよままのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS ママのお腹にいた時の出来事

<<   作成日時 : 2011/04/03 07:47   >>

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はいつもと違った側面からお届けしたいと思います。


私の人生にいてるのが当たり前の子ども達。
生まれるまで会える日を心待ちして超音波の画像を眺めてみたり、合図を送ってくれるわが子にちょっと足を止めてお腹に触れてみたり、大きなお腹に命を感じている時間であったりしてました。
母になるための心構えを作ってくれていたんだろうなぁ〜と思います。


その子ども達はママのお腹にいた時の出来事を覚えているんだろうかと思い、子ども達に聞いてみました。


我が家は上の子6歳、下の子3歳の男の子の兄弟です。


長男はうれしそうに答えてくれました。


お腹の中で寝てた、うりゃうりゃと遊んでた(子どもらしい表現です)、伸びしてた、おへその中から外をのぞき込んだらママの服で外が見えなかった。早く会いたかったから早くでてきた(37週0日)。

次男は、長男がいうもんだから負けじと話し込んできてくれました。


ママのお腹にいた時、気持よかってん。寝てた。遊んでた。出たかった(35週0日)


赤ちゃんとはいえど、気持ちがあるんだなぁ〜とココロがそんな小さなころからあるんだと教えてくれました。


少し大きくなったわが子のメッセージはと〜っても癒されます。
胎内記憶で有名な池川明先生からも、記憶がある子は調査すると1/3くらいの子どもですということでした。
あるかないかわかりません。それでも私の子であることには変わりなく、毎日怒ったり、癒されたり、愛されたり、愛したりと楽しく過ごすことができます。人間的であってよいと思います。

子どもの感覚はこんなものなんだぁ〜と気付くことができればそれだけでしあわせというもの。
まだ小さな赤ちゃんをお持ちの方は、おしゃべりが上手になってくる3歳くらいからゆったりしたときに聴いてみてくださいね。

-**----------*-*-------**--------

今回はお話というわけではありませんが、是非応援していただきたいので下にある「気持だま」へポチいただけるとうれしく、次は何書こうかなぁ〜と励みになります。

お手数でなければランキングにも挑戦していますのでこのブログの左上に「子育て支援」というボタンをぽち戴けるとうれしいです。

いつもご覧いただきありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ママのお腹にいた時の出来事 触育のこころ ぴよままのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる