触育のこころ ぴよままのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS おまたの洗浄どうしてる?

<<   作成日時 : 2011/05/25 12:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

最近お話伺う機会がおおいひとつ。
聞いてみたいけどなかなかどうしたものかと悩まれているみたいなので綴っておきます。


男の子編


「おちんちん、お風呂で洗うか洗わないか、表面洗うだけでもいいのか」
「トイレの後に拭くのか拭かないのか」


お母様は女性なので、このあたりどうしたものかと悩まれることだと思います。
パパに聞いてみても、「よくわからない」と言われ、知り合いに聞いても「どうやってあらうのかなぁ」とはぐらかされ多種多様な答えに迷われていらっしゃるんですよね。


私の考え方としては洗っていただきたいと思います。
なぜなら、垢(ちこう)が溜まり染源となるからです。


それならどうやって洗うのか。子どものおちんちんは基本包茎じょうたいです。
そこを剥かなければ洗うことができません。

まず、勃起していないときに亀頭をすこしつまみます。
そしてすこし亀頭を剥くように出してみます。1回では無理です。少しだけでいいです。毎日少しずつ範囲を広げて剥いてください。おおよそ1週間もすれば亀頭を出すことができると思います。
そこで恥垢を落としてください。一度剥くことができれば次からは大丈夫です。


日本では割礼という習慣はありませんが、宗教上赤ちゃんの時に割礼をおこなうところもあるようです。


なので思いきって剥いてみることです。
トイレの後に拭くか拭かないか。これ自身で衛生的なものが保たれるかというとそうはいいきれない。それよりしっかり洗って清潔にするほうがよいのではないかとおもいます。


女の子編


女の子は小陰唇や膣のあたりにしろいかすのようなものがついていることがあります。これもれきっとした恥垢(ちこう)です。この恥垢は結構頑丈で石鹸で落ちない事もあります。取れないときにはへそのごまをとる要領でオイルをぬって布などで取ってあげるといいかもしれません。

毎日このケアが必要かというとそうでもなかったりするのでないかとおもいます。
時々恥垢がついてきたなぁ〜と思った時に洗浄されるだけでよいのでないかと思います。


-**----------*-*-------**--------

この記事にご関心いただけましたら私のブログを応援していただきたいので下にある「気持だま」へポチいただけるとうれしく、次は何書こうかなぁ〜と励みになります。

お手数でなければランキングにも挑戦していますのでこのブログの左上に「子育て支援」というボタンをぽち戴けるとうれしいです。

いつもご覧いただきありがとうございました




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おまたの洗浄どうしてる? 触育のこころ ぴよままのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる