触育のこころ ぴよままのお話

アクセスカウンタ

help RSS 断乳後、子どもの発熱。おっぱいないけど大丈夫?

<<   作成日時 : 2012/02/18 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

この冬の時期というのもあり、風邪など病気にならないわけにはいかないんですよね。
1歳になるまでにもしくは1歳前後までに発熱は何度となく経験することでしょう。


病気になれば本当にいたたまれないくらい、くったりとしんどそうにしているわが子をみるとオロオロするお気持ちよくわかります。私も一人の母なので何度となくこの山を乗り越えてきましたのでよくわかります。


母乳育児されている方は、離乳食食べなくてもおっぱいあるからまだ大丈夫!なんて思っていること多いかと思います。私自身もそうでした。でも、何らかの事情で断乳・卒乳を迎えた後病気になった時、何を食べさせて元気にしてあげたらいいんだろうと悩むこと多いかと思います。



ここで聞いてほしいのがお子さんの声。



「食べたい?」と聞いたときに「食べたい」というのであれば、食べさせてあげたらいいです。

「食べたい?」と聴いても「それどころじゃない」というような声があれば、無理に食べさせる必要はありません。水分補給だけしっかりわすれなかったらいいんです。
体力弱っているところへ消化のためのエネルギーを使うのは大変な労力だなと少し気持ち切り替えられるのもいいかもしれません。

水分補給にしてもお水・お茶・など飲んでくれたらいいのですが、なかなかそうはいかない時もあります。
そういう時、私はイオン水をお勧めします。

我が家の事を言えば、普段からイオン水飲ませるような習慣はありませんが、体力回復のためのわずかだけどエネルギー補給、ビタミン補給になればいいと思い、病気をした時だけイオン水がでてきます。
甘いものを上げるのはしのびるのですが、病気なので特別です。一杯水分飲んで汗かいてもらって解熱すればいいなと願うばかり。

その間の御飯はありません。「食べたい」という声が聞こえてきたらすぐ出せる用意しておくだけです。

病気で多少体重が減ったとしても、子どもは成長するエネルギーを持っています。
時期追って大きくなりますので心配しないでくださいね。


-----------------------------------
もしこちらの内容にご関心持っていただけましたら私への励みとして下にあります「きもちだま」にクリックをお願いいたします。

なお、子育て支援者ブログへのランキングもしています。
お手数でなければ画面左上の方にあります。「子育て支援者」のボタンにぽちっとクリックお願いいたします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
断乳後、子どもの発熱。おっぱいないけど大丈夫? 触育のこころ ぴよままのお話/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]